虫歯治療の費用

虫歯治療における進行度ごとの平均費用

虫歯治療にかかる平均的な費用について触れていきます。ただし、虫歯治療は症状の度合いによって治療費が上下するので、1つの参考程度に留めておくことをおすすめします。 虫歯が神経まで達していない場合、かつ虫歯が小さい場合には保険適用で1500円程度されています。一方、虫歯が大きい場合には2500円程度の治療費がかかります。 虫歯神経まで達している場合は根管治療を行います。主な治療内容は虫歯を削り、歯の神経を消毒、炎症が落ち着くと薬で埋めて土台を入れます。そこからクラウンと呼ばれるかぶせ物が入りますと晴れて完治となります。保険適用の場合は8000円程度の治療費がかかります。 続いて、虫歯が根深く進行し抜歯が必要となる場合には、ブリッジや入れ歯、インプラントが必要となります。ブリッジや入れ歯は保険適用で2万円程度、インプラントになると全額負担で30万円と高額となります。

歯科医院の特徴について

現代の歯科治療ははるか昔のような大雑把な分化はされておらず、事細かに細分化されています。歯科医院が標榜している科目は4種類、う蝕治療や歯周病の一般歯科、小児を対象とした小児歯科、不正咬合を改善する矯正歯科、一般歯科を除く顎口腔領域を処置する口腔外科となります。 通常、口腔内に異常を感じる場合などは一般歯科で治療を受けることをおすすめします。というのも、一般歯科を除く他科目は歯科治療の中でも内容が専門的であるためです。 歯科治療は治療法や患者の症例によって治療期間が異なります。となれば通院回数も増えるので、必ずしも遠出をしてまで医院を選ぶ必要はありません。つまり、状況に応じて臨機応変に医院を選ぶべきだと思います。